掃除の手間を省く
床に置かれたボトル

家を買うのは、一生の買い物とよくいわれますが、内部のインテリアその他に関してのメンテナンスについても、考慮が必要になります。
家、あるいは部屋の各所に使用される材質が傷つき易いものの場合には、尚更注意をしながら使用していく事が求められます。
現在では、生活様式が欧米化しつつある事もあり、フローリングの部屋を設けている家も多く見受けられます。
中には、家の全ての部屋がフローリングの場合などもあります。
フローリング部分を見た目に美しく、保存状態なども良くするために、フロアコーティングなどを行う場合があります。
ワックスなどを塗布して、ツヤを出したりします。
この作業を行う専門業者も多くありますが、その際の費用の傾向としては、用いる素材や各社による技術の違いもあるため、かなり幅が広くなります。
ウレタン、シリコン、ガラスなどの順に費用が高くなる傾向が見られます。

フロアコーティングの変遷について探る


フロアコーティングの変遷としては、近代に入って、まだ最近の事になります。
コーティングに使用される素材が変化していった事が、変遷として伺えます。
1980年代の頃は、樹脂ワックスとして、アクリル樹脂やウレタン樹脂などを主成分とするものが利用されていました。
これより以前には、蝋を主成分にしたものもあったため、蝋ワックスというものも存在していました。
コーティングを実施する場合には、専門業者に依頼する側としての要望として、できるだけ作業が実施されてからのもちが良い事が望まれる向きもありました。
そのため、現在では、その効果年数が長い事を目的として、ガラス素材のものや、UVコーティングなどが利用される様になっています。

フロアコーティングに関しての今後の動向を予測する


家を一生の買い物だと考える人は多く存在しており、買い替えなどを行わないケースも多いため、長い年数居住する事を考えたメンテナンスなどが必要になる傾向があります。
そのため、フロアコーティングなどを専門業者に依頼して、少しでももちを良くしたり、掃除などの手間が省ける様なサービスが更に求められていく事が予想されます。
また、家族と家を購入して居住する場合などにおいても、ペットと同居する家庭も増えています。
ペットが床を傷つけるのを防ぐためにも、床のコーティングが必要になるとも考えられます。
加えて、賃貸住宅の場合には、所有者としても、所有する建物を長く維持していくために、この様な床のコーティングの必要性が更に求められていくとも考えられます。

オススメリンク

様々な床材

クリーニングでピカピカ

フロアコーティングに関連する商品やサービス
フロアコーティングはほかのサービスと併用されることの多いサービスです。
そもそも床というのは一…Read more

モップをかける人

老朽化の予防

フロアコーティングにかかる金額
家は人生の中でも高い買い物となるため、長く大事に使いたいと思う人が多くいます。
しかし、住み続けることで古…Read more

バケツとモップ

業者が増加している

コーティングには様々な方法がある
フロアコーティングは、昔から多くの建物で行われてきました。
昔は、自分で作ったり購入したりすることでワッ…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031